『ブログで稼ぐ』初心者向けスターターキット
~まるで本の印税収入のように。働かなくてもブログからお金が入ってくる生活の、いっちばん最初の一歩を踏み出しましょう~
働きたくない・仕事をやめたい・自由に生きたい

仕事が激務で辛い場合の対処法。今のままだとあなたの寿命は残り5年です

仕事に追われる人

「今の仕事が激務で本当に辛い…」
「今はギリギリ踏ん張れているけど、そのうち限界がきそう…」
「何かあったわけでもないのに、ふとした瞬間に勝手に涙が勝手に流れることがある」
「なんでこんなしんどい思いしながら働かなきゃいけないんだろう…」

あなたは今、そんな悩みを抱えていませんか?

激務っていうのは、我慢や気合いでなんとかなるものではありません。

そのまま放置していると、冗談抜きで本当に寿命が縮まりますし
最悪の場合、うつ病になって、取り返しのつかない、
二度と健常な精神に戻れなくなってしまうこともあります。

ですか、そのままほっといてはだめです。

私は『ブログで稼ぐ』ということをなんとなくやってみたら、思いがけず収入が伸び
学生でありながら、新卒の4倍くらい稼げるようになりました。

激務とは程遠い生活を送っています。

そこで、この記事では

  • 激務をそのまま放置してはいけない理由
  • 今すぐやめるべき場合
  • 仕事が激務な場合の対処法
  • より少ない時間でより稼ぐ方法

について解説します。

この記事を読むことのメリット

  • 仕事が激務であることの深刻さを把握することができる
  • 今の仕事の激務の辛さをましにすることができる
  • 働かなくても良い自由な人生を手に入れる第一歩を踏み出すことができる

仕事が激務なのは辛い。ぜったい我慢してはいけない

 

仕事が激務なのは、後回しにしないで本当に今すぐ改善した方がいいです。

放置しておくと、二つの意味で寿命が縮まるからです。

  1. 一つは健康被害の面で寿命が縮まるということ
  2. もう一つは働いてばっかで一瞬で老後になってしまうこと

という意味です。

健康被害

仕事が激務の場合
身体的にも精神的にも追い詰められ、寿命は確実に縮まります。

働き過ぎで胃に穴が開くとか、自慢げに言う人いますけど
端的に言って異常な世界ですからね。

激務でも、確かに我慢して働いていたら
目に見える体の変化ってあまり起こりません。

ですが、目に見えないというのが罠で
そこで無茶してると、35歳あたりであっけなく心臓病で死亡する…
ということは普通にありえる話なのです。
全く他人事ではありません。

また、精神が追い詰められてしまい、うつ病になってしまい
そっから悪化する一方で

最終的には
「いま死ねば、明日からもう会社に行かなくてもいいんだ…」
という発想になってしまって
自殺してしまう可能性だってあるわけです。

とはいえ、激務な今の仕事を辞めてしまったら
当然、給料は今よりまず下がります。

お金は大事。給料は下げられない。というのも分かります。

けど、この世の中は
なにも今の仕事しか稼ぎ方がないわけじゃないです。

働く時間も下げつつ、お金をより多く稼ぐ方法もありますので
現状を変えることを考えましょう。

働いてばっか

激務だと、土日もないようなものですよね。
プライベートな時間がありません。

月曜日から金曜日まで働くだけでも十分働き過ぎだというのに
そっから土日も駆り出されると
プライベートな時間が一切ないですよね。

ごくわずかな自由時間は、疲れを回復させるのに精一杯。
そんな生活をずっと続けていると、あっという間に時間が過ぎ去って
老後になってしまいます。

今の生活をこのまま続けていると、
実質あなたの寿命は残り5年くらいしかないようなものです。

そして、定年退職した後は
病院で管をつながれてどうにか生き延びていく自由です。

寿命が尽きる直前に、病院の窓際でわずかな自由な時間を手に入れて
一体何になりますかね?

今すぐ改善すべきです。

仕事が激務で辛いとしても、頑張っても報われない

今の時代、昭和と違って
激務で会社に尽くしたところで、給料も上がりません。

昭和のサラリーマンは、会社のためにプライベートを犠牲にして
猛烈に働くことが正義した。

そして、猛烈に働けば
そのお返しとして会社は給料をあげてくれました。

ですが、今の時代は違います。
いつ終わるのかもわからない不況の中
頑張って会社に尽くしたところで、給料も上がりません。

なんなら、会社の業績が悪くなったら
あっさりリストラされるぐらいです。

かつて勝ち組と言われていた三代メガバンクが
2万人ものリストラを行い

あのトヨタが「もう終身雇用は無理です」って言ったのは
世間に衝撃を与えましたね。

激務な仕事の辛いところ

激務な仕事の辛いところはたくさんあります。
主なパターンを考えていきましょう。

労働時間が長い

激務だととにかく労働時間が長いです。

「起きてる間はずっと仕事してるんじゃないか」ってくらい
仕事仕事仕事ですよね。

そんだけ長い時間労働してると体の疲れも生まれてきますから
作業効率も下がってしまいます。

作業効率が下がると、仕事が進むのが遅くなり
さらに労働時間が長くなる…という最悪のスパイラルに陥ってしまいます。

休みがまともに取れない

土日も会社に駆り出されたりして
休みがまともに取れないですよね。

そもそも。
そもそもですよ。

週に5日、毎日8時間ずつ働いて
土日だけ休める…

これでも十分働き過ぎだというのに

激務の場合は、これよりさらに労働時間が長くなるわけです。
マジで自由な時間がないんですよね。

「いったい何のために生まれてきたんだ」って気持ちになります。

心の余裕がなくなる

ずっと仕事ばっかしてると
だんだん心の余裕がなくなってきますよね。

「なんでこんな辛い思いをしながら働かなきゃいけないんだろう…」
「自分はこんなことをするために生まれてきたわけじゃないのに…」
そんな惨めな気持ちになってしまいます。

キャリアアップもしない

激務のところで働いていても
基本的にキャリアアップは望めません。
いつまでも末端で労働者をするだけです。

キャリアアップするには、部下をとりまとめる上司になる必要があるわけですから
部下をまとめてマネジメントする能力が求められます。

これは、会社の末端の方で猛烈に働き続けるスキルとはまた別のものです。

ですが、激務の会社ってことは
社員が激務にならなければ耐えられないくらい
あまり利益が出ていないということです。

だから、上司のポジションも何人も用意することはできません。

このままだと、あなたはキャリアアップできるわけもなく
ひたすら末端の仕事をさせられ続けて
歳だけを重ねていってしまいます。

将来に向けた活動ができなくなる

激務だと、とにかく時間がなくて
数少ない休みの日も、体の疲れを取ることで精一杯です。

それゆえ、将来に向けた活動というのができなくなります。

とにかく目先の疲れを取るのに精一杯。
「今ここで頑張って、3ヶ月後より大きな金を稼ぐために頑張る」
ということに時間を使えなくなってしまいます。

将来に向けた活動ができなくなるわけです。

結婚できないし、結婚してからも家庭が崩壊してしまう。

激務だとそもそも合コンに行く時間もありませんし、デートに行く時間もありません。
出会いも無いですからそもそも結婚できないです。

仮に運よく結婚できたとしても
全然家に帰ることもできず

働いていると奥さんから
「仕事と家庭、どっちが大事なの?」なんて言われることは間違いないでしょう。

「家族のためにこんなに頑張って働いているのに
働けば家族から文句を言われる…」

そんな板挟みになってしまい
精神もイライライライラと追い詰められますし

家に帰ってこないということで、奥さんが勝手に愛想を尽かし
離婚して家庭が崩壊してしまう可能性も十分あります。

(実際、こういった話はいたるところで見られます)

仕事が激務で辛い業界

以下のような業界は、仕事が激務ということで有名ですね。

  • コンサル
  • マスコミ
  • 不動産
  • 投資銀行
  • 商社
  • 夜勤の看護師

私の友達も、トップティアのコンサル…
てかまあ、社名を出してしまえばマッキンゼーに就職が決まりましたけど

(凄い!凄すぎる)

もう激務確定なので、今からビビってますね。

仕事が激務で辛いとき、今すぐやめるべき場合

仕事が激務で辛い場合は
心身が徐々に蝕まれていきます。

そして、徐々にというのが厄介で
ちょっとずつひどくなっていくものですから

いつのまにか自分の限界を超えていたとしても
自分では自覚することができないのです。

そして無理を続けた結果

心が壊れてしまい取り返しのつかない事になってしまう社会人が毎年後を絶ちません。

以下のような症状が出た場合は、もう無理をするのはやめて
今すぐやめるべきでしょう。

  • 人間関係が限界
  • うつ病一歩手前
  • 仕事が向いていない
  • 責任感が強すぎてやめられない
  • 謎の湿疹が出る
  • 帰宅したら涙が止まらない
  • 下痢と吐き気がすごい
  • 体の回復するだけで休日が終わってしまう

仕事を辞めるのは甘えじゃない

仕事を辞めるのって、甘えじゃないです。

先ほども言いましたが、無理して頑張って会社に尽くしたところで
会社の業績が悪くなったらあっさり捨てられるだけです。

驚くべきことに、
アンケートをした結果
社会人のうち、なんと約7割もの人が
「仕事で強いストレスを感じている」と答えました。

この状態は、はっきり言って異常です。

仕事が辛いのは、あなたが甘えているからじゃなくて
そもそも、この社会がおかしいからです。

もし、仕事でストレスを感じているという人が
全体のたった5%ぐらいしかいないのであれば

多くの人は普通に仕事ができているということですから
仕事が辛いと感じるのは、もしかしたらあなたが甘えているだけかもしれません。

ですが、現実は違います。

7割もの人が
仕事でストレスを感じているこの現状。

あなたが甘えているというわけではなくて
この社会の方がおかしいのです。

仕事を辞めるというのは甘えでも何でもないので安心してください。
「甘い」とか言ってくるやつのことは、無視でOKです。無視。

意味不明な価値観で勝手に自滅してもらいましょう。

仕事が激務で辛いときの対処法

仕事が激務で辛いという場合、
根本的な対処法は、
『個人で稼げるようになって、今の仕事を辞めること』

これにつきます。

ハッキリ言いますが、これ以外に根本的な解決はありません。

ですが、これって「明日からすぐできる」というような対処法ではないですよね。

そこで、あなたの今の仕事の辛さを
少しでもマシにする対処法を紹介します。

仕事に無駄がないか確認

一度、冷静になって
客観的に自分の仕事全体を眺めて
無駄がないか確認しましょう。

日々の仕事が忙しいと
余裕を失ってしまいますが

一旦立ち止まって、一歩引いて見てみましょう。

「この仕事はなくても困らないな」
「この仕事はもっと効率よく出来るな」

というのものを見つけて改善することで
今の激務を少しでもマシにしましょう。

上司や先輩に相談する

「振られる仕事が多すぎる」というようなことを上司に相談したり

「どのようにしてこれだけの激務を今まで乗り越えてきたのか」というようなことを
先輩に聞いてみるということも

対策としてはあるでしょう。

ただし、その場合

「俺はこのぐらい頑張ったんだから
お前もこのぐらいは耐えろよ」
というような理不尽なことを言われてしまう可能性もあります。

ただでさえ精神的にきついところが
より悪化してしまう可能性もあるので気をつけましょう。

友人に相談する

友人に相談して、客観的に見て今の自分がどうかというのを聞くのも大事です。

やっぱり、普段自分のことは自分がいちばんよくわかっているつもりでも
だんだんと感覚がマヒしてきて、
自分のことが見えなくなってしまうものです。

友人に相談した結果

「いや、今のその働き具合はどう考えてもおかしい。異常だよ。」
というようなアドバイスを客観的にもらえるかもしれません。

マッサージでリフレッシュをする

マッサージは身体全身をもみほぐしてもらうことで
体にたまっている疲れが一気に取れます。

体の疲れが取れれば、精神もリフレッシュされますから

マッサージで気を紛らわすというのも一つの手です。

(とはいえ、「激務だからマッサージ行く時間ねえんだよ」んで場合もありますよね…)

ディナーに気合を入れる

ディナーに美味しい焼肉などを計画して、気合を入れることで
「ディナーのために頑張れる!」というような状態を作ることも効果的です。

(自分へのご褒美というやつですね。)

ただ、本当に激務だと
仕事終わるころには全てのお店がもう閉まっちゃっていますし

それに翌朝のために寝るので精一杯で、時間もありませんから

対策する余地がない場合もあります。

退職代行を使う

激務の職場の場合は
やっぱりピリピリしてたり、上司が厳しかったりするところがほとんどですから
なかなか辞めたいと言いにくいことも多いでしょう。

「やめたいなんて言ったらなんて言われるか分からない…」
「ここでやっていけなかったらお前はどこに行っても通用しないとか言われるのが怖い…」

という気持ちも分かります。

その場合は、今の時代は退職代行というサービスもありますから
使ってみるのも一つの手です。

あっさり退職できて、
「明日から仕事行かなくていいんだ!」と思うと
晴れやかな気持ちになることでしょう。

仕事が激務で辛いとしても、転職は根本的解決にはならない

転職は、多くの人が思いつくことだとは思いますが
残念ながら、根本的解決になりません…

まず、基本的に今よりかも仕事が楽な所に行くと
給料が下がります。

確かに激務は大変ですけど
とはいえお金も大事。

給料下げるのはちょっとって感じがしますよね。

それに、転職したところで結局1日8時間・週5日以上働くのは避けられないわけです。

もしかしたら、いま激務にさらされているあなたからしたら
「1日たった8時間で週5日」っていうのはかなりマシに見えるかもしれません。

けど、冷静になって考えてみると
この時点でもかなり異常です。目を覚ましてください。

結局、転職しても根本的解決にはならないんですよね。

テストで言えば、0点が5点になるぐらいの話です。

それなら、これをきっかけとして根本的に解決しましょうよ。

具体的には『個人で稼ぐ』という力を身につけるということです。

『自力で稼いでいく力を身につける』って言っても
今の時代は恵まれています。

私がオススメしているのは
『ブログで稼ぐ』ということです。

いきなり世の中を変えるようなアプリを作る必要もありません。
いきなり500万円借金してレストランを開くような必要もありません。

「たかがブログ」と侮るなかれ。

最初は月3万円、5万円と稼げるようになるところから始まって

最終的には月20万、50万、100万円と

大きく伸ばしていくことができます。

仕事が激務で辛いから現状を変えたいけど、ブログって稼げるの?

断言しますが、ブログは、稼げます。

あなたも、ブログだけで月100万円とか稼ぐ人の存在を耳にしたことくらいはあるのではないでしょうか?

ブログは、さすがに適当にやってもうまくいきませんが
ちゃんと正しいやり方を知って、正しい方向でやれば
稼げます。

実際、私も学生でありながら今の時点で普通のサラリーマンの4倍ぐらい稼いでいますし
そのうち50万円ぐらいは、毎月何もしなくても入ってくる状態にまでなっています。

もちろん、最初からこうだったわけではありません。

『ブログで稼ぐ』っていうのは、裏技でもなんでもないので
「クリック一つで100万円!」というような甘い話ではありません。

私だって、今の状態を作り上げるまで
最初は自分なりにかなり頑張ったつもりです。

けど、先輩の激務の人の話とか聞くと
「さすがにレベル違うな…叶わないな。
自分だって限界まで作業していたつもりだけど
この人たち、自分の2倍ぐらい働いてるじゃないか…」

って思います。

今、激務な環境にいるあなたなら
仕事の”当たり前の基準”が高いので

ブログをやったら、普通の人よりはるかに稼ぎやすいのは間違いないです。

普通の人って、あまりバイタリティがないので
「ブログ、俺もやってみようかな」→ほんのちょっとやってみる→「うまくいかない!もういいや!」
ってすーぐ投げ出す人が多いんですけど

激務に慣れているあなたからすれば
前の辛さに比べたら、こんなのへっちゃらってなるでしょうから

ブログやってみることを本当に心の底からオススメします。

仕事が激務で辛い まとめ

  • 仕事が激務なのは冗談抜きで寿命が縮まるので今すぐ改善すべき
  • 仕事が激務なときの今すぐやめるべきサイン
  • 仕事が激務な場合の対処法
  • 自由な人生を手に入れるための根本的な解決策

について解説してきました。

色々と解説してきましたが、

やっぱり根本的な解決策はブログで稼ぐことですね。

…とはいえ、『ブログで稼げる』という言葉だけを聞いたところで
実際にブログを始められるわけではないですよね。

そもそもブログがお金になるっていうのが意味わからないんだけど。
あれってただの日記でしょ?

という感じではないでしょうか。

そこで私のメルマガでは

実際に、最近流行りの『ブログで稼ぐ』というので自由な人生を手に入れる方法を

いっちばん初めのステップから具体的に解説していきますので

是非登録してみてください。

(超絶パソコン音痴の初心者でもわかりやすいと評判です(ヽ´ω`))

 

登録すると、今だけ最初のメール

『ブログがお金になる仕組み丸わかりガイドブック』

 +

『ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー』

がもらえます。

ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー
ブログで稼ぐっていってもまったくイメージがつかないんだけど…だってただの日記でしょ?

という状態でも

ブログがお金になる仕組みがサクっとわかるものになっていますし

 

ただ読んで「ふ~ん」で終わって、
またいつも通りの日常に戻っていってしまうのではなく

”今日からさっそく何をすればいいか”までわかり、
行動に移せるようになっていますので

ぜひ受け取ってくださいね(ヽ´ω`)

 

メルマガ登録矢印
ブログで自由な人生を手に入れるまで、最初の最初の一歩から進んでいくマガジン

 






リオンのメルマガがどういうものなのか、登録するまえにもっと詳しく知りたい!

という方はこちら。

メルマガがどういうものかより詳しく知る▶▶

▼▼私のツイッターはこちら。フォローするだけで『ブログで稼ぐ』ための情報が勝手に目に入ってくるようになります。▼▼

@Hyper_Realist25