『ブログで稼ぐ』初心者向けスターターキット
~まるで本の印税収入のように。働かなくてもブログからお金が入ってくる生活の、いっちばん最初の一歩を踏み出しましょう~
就活つらい

就活鬱で内定が出ないときはどうすれば…存在価値を否定される毎日から脱出!

スーツの男のシルエット

「どんだけ企業を受けても内定が出ない。」

「お祈りばかりで、特に面接で落とされ続けると
まるで 自分の人格を否定されているような、

自分に価値がないんじゃないかっていうような気すらしてくる…」

「説明会に予約するのすら嫌になってきた。」

「周りが内定決まっていく中、自分だけ内定が出ないと焦りが募る…」

あなたは今、そんなピンチに陥っていませんか?

就活鬱というのは日本の非常に深刻な問題で
中にはこれで自殺してしまう人もいるくらいです。

確かに、今まさに就活真っ最中のとき

人生において
就活が一番大事かのように思えてしまう気持ちは分かります。

分かりますけど、目先の問題にとらわれてしまって
追い詰められてしまったり

最悪の場合自殺してしまったりするのは
本当に取り返しがつきませんし、もったいないことです。

そこで

  • どのような人が就活鬱になりやすいか
  • そして内定が出ない場合の解決策

 

を解説します。

この記事を読むことのメリット

  • 内定が出ないからと、鬱になってしまう前に対策を取れる
  • そもそも『個人で稼ぐ』という根本的な解決策も知ることができる

就活鬱は深刻。内定が出ない

就活うつですが、気合の問題とか、甘えとか
そんな言葉で済ませてはいけません。

そもそも、日本という国はうつが深刻な問題となっています。

日本はなんと年間の自殺者の人数が3万人以上。
毎日100人ぐらい自殺しているんです。

中学の時のクラス三つぶんぐらいですね。
1時間で考えると4人です。

あなたがこうやってスマホを見ていた間に
また一人自殺したかもしれません…

これって、ハッキリ言ってかなり異常じゃないですか?

(ちなみに統計では35000人ぐらいですが、
実際にはカウントされていない自殺者というものもいるので

本当はこの3倍ぐらい自殺者がいるのではないか
とも言われています。)

自殺する人のうちの多くがうつ病です。
こうやって説明されると、うつ病の深刻さがわかることでしょう。

就活での鬱は就活生の7人に1人も!内定が出ない

そして恐ろしいのが
うつ病は就活生に非常に多いということです。

実は、就活生の7人に1人が就活うつというデータもあります。
そう、就活鬱は日本の深刻な問題なのです。

気持ちの問題とか、気合いでどうにかなるとか、甘えとか
そういった言葉で済ませてはいけません。

就活鬱で内定が出ない人の特徴

就活鬱にも、なりやすい人となりにくい人の特徴というものがあります。

真面目

真面目な人は
「企業に落とされた」という事実を
必要以上に重く受け止めてしまい

就活鬱になりがちです。

完璧主義

完璧主義の人もそうですね。
「自分に失敗が許されるわけがない」と思っているのに
就活でガンガン自分を否定されるわけですから

それは鬱にもなります。

プライドが高い

プライドが高い人も

「自分が企業に落とされる」
なんていう許しがたい経験を10回も20回も30回もするわけですから
就活鬱になりやすいですね。

自責的

これはなんでもかんでも自分のせいにしてしまうということです。

責任を自分の中に求めるというのは、本来良い姿勢なのです。

この自責思考がないと、何でもかんでも
周りのせいにするだけで

いつまでたっても
一歩も成長しない人間になってしまいます。

とはいえ、就活の時期においては
この自責思考が行き過ぎてしまうと

「自分が全部悪いんだ…」
「自分には生きてる価値がないんじゃないか…」
というような、行き過ぎた考えになってしまうので

注意が必要です。

多少は

「自分を取らなかったあの企業はセンスが悪い」
というぐらい、軽く受け流すという姿勢も必要になってくるでしょう。

高学歴

「就活で高学歴の人が鬱になりやすいの?」って
思うかもしれません。

ただ、高学歴の人は
最初の想定が「一流企業に入れて当然」という想定で就活に入ります。

ですが、残念ながら一流企業は高学歴同士でのバトルとなるので
全員が全員入れるわけではありません。

そこで、入りたかった企業からお祈りされ続けてしまうと
どん底な気持ちになってしまうのです。

コミュニケーションが苦手

就活はコミュニケーション能力ありきです。

面接官にうまく自分の伝えたいことが伝えられず、
その結果、連続で企業にお祈りされてしまうと
うつ病に追い込まれてしまってもおかしくはないでしょう。

他人と比較する

就活の時期において『他人と比較する』というのは
一番やってはいけないことです。

とはいえ、ついつい

「あの完璧なA君と比べて
自分は勝っているところがひとつもない…」

というような考えに陥ってしまいがち。

こんな考え方をしていたらうつ病になること間違いなしですので、
他人と比較するのはやめましょう。

強迫観念を持つ

もし就職できなかったら人生終わりだとか
一流企業に就職できなかったら人生終わりだとか、

そういった強迫観念を持ってる人はうつ病になってしまいやすいです。

大事なのは、自分を必要以上に追い込まないことです。

もちろん、基準を高いところに設定するというのは大事ですし
チャレンジ精神も大事なのですが

それが行き過ぎてしまって
うつ病になってしまったのでは元も子もありませんよね。

就活鬱で内定が出ない原因

では、就活のときうつ病になってしまう原因としては
どのようなものがあるでしょうか。

内定がない

一番はこれですよね。

内定が一つもないというのは
非常に大きな焦りを産みます。

そんな焦り・プレッシャーにさらされ続けていると
自然に心が押しつぶされていってしまいます。

友達が内定していく

自分だけ内定がない中、友達が内定していくと
なおさら焦りが募ります。

特に、

「内定ない組だったあいつまで
ついには内定を取ったのか…」ってなると

自分だけが取り残されたような
気がしてしまいますし

鬱に追い込まれてしまいます。

期待に応えられない

親からの

「あなたならいいとこ就職できるわよ」とか、
サークルの後輩からの「◯◯先輩はいいとこ行きそうですよね」
とか

そういう期待がのしかかってると
その期待に応えられない自分…ということで

追い詰められてしまいます。

疲れ

精神的な面も大事ですが
肉体的な疲れも無視してはいけません。

就活のときは、暑い中リクルートスーツを着て
全国飛び回って

緊張の中、面接を終えて…ということを
繰り返すわけですから

体力的にも疲れます。

心と体は繋がっていますから
体が十分な休みが取れていないと
精神も疲弊してしまいます。

時々、ゆっくり温泉につかるなどして
体の疲れもしっかりとるようにしましょう。

相談相手がいない

就活の時期、相談相手は絶対にいた方がいいです。

まず、人間はとりあえず喋るだけでも
気持ちが楽になるということがあります。

これだけでもうつを予防する効果がありますし

それに、相談することによって

「次はこうしたらいいんじゃないか」

という対策を練ってもらうことができれば

内定獲得にも繋がりますから
相談相手がいることは非常に大切です。

お金がない

就活の時期はお金もかかりますよね。

特に、地方から都内の企業を受けるような場合、
交通費や宿泊費でとにかくお金がなくなります。

そして、お金がないというのはそれだけでも
人の心を破壊してしまうほどの威力を持ちます。

それに、就活のプレッシャーが組み合わさったら
鬱になってしまうのも頷ける話でしょう。

大手しか見ていない

大手しか見ていなくて

「自分は何が何でも大手に行くんだ!」
ってつもりでいると
全く内定が取れず、鬱になってしまう可能性もあります。

確かに、大手に行きたい気持ちはわかりますが、
世の中に存在する企業のうち

いわゆる大手企業なんて
1%とかしかありません。

それに対して、大手に入りたい就活生は
ほぼ全員ですから

当然熾烈な争いになります。

そこで大手に入れなかったからといって
自分を責めないことです。

就活鬱で内定が出ないなら、『個人で稼ぐ』のがどう考えても最強の対策

私は、大学生のうちに個人で稼ぐという力を身につけて
就職しない生き方を選びました。

その私から言えることは、最強の選択肢は
『個人で稼ぐ力を身につける』ということですね。

今後の道筋としては、

正直、どこでもいいから
とりあえず内定だけ取ってしまって

あとは、個人で稼ぐ力を身につけることに集中する。

そして、個人で生きていけるくらい稼げるようになったら
内定を辞退する。

これが一番いいです。

 

そもそもなのですが、サラリーマンの枠組みの中で
戦う時点で、
いつまでたっても自由になることはできません。

これは、なにも低賃金の派遣社員の話を
しているわけではありません。

たとえ超一流企業の、30歳で年収1千万を超えるような
サラリーマンであったとしてもです。

サラリーマンの枠組みの中にいる限り
自由は手に入らないのです。

あのホリエモンが
「サラリーマンは現代の奴隷制度だ」と断言しています。

この事の詳しい説明はこちら。

奴隷となるサラリーマン
サラリーマンは奴隷制度です。ホリエモンも言っている、脱獄する方法とは?「最近薄々思うのが サラリーマンって奴隷制度みたいなもんだよな~。 ずっと働き詰めだし、自由が全然ない。」 「ツラい。おか...

それなら、いっそ

「サラリーマンの中で上を目指すか」
っていうのをやめて、根本から考えかたを変えて
個人で稼ぐっていう方向にシフトした方が絶対いいですね。

それに、この場合
今のあなたの立ち位置っていうのは
むしろ有利な状況にあります。

何故かって言うと、
就活はほどほどに済ませて
個人で稼ぐっていうことに踏み切りやすいからです。

逆に、就活で中途半端に良いところに内定してしまった人は
個人で稼ぐという道になかなか踏み切ることができません。

だって、人間、自分が頑張って手にしたものは
なかなか手放す気にはなりませんよね。

実際、私も学歴を捨てて
個人で稼ぐという道を選ぶのは非常に迷いました。

ですが、ある意味失うものがない状態というのは
個人で稼ぐということにも気兼ねなくチャレンジできますから

見方を変えれば、ある意味で
むしろ中途半端にいい企業の内定取った人達よりも
今では有利な状況にあるとすら言えるのです。

とはいえ、個人で稼ぐって言っても
ピンとこないかもしれませんけど

今の時代はいい時代です。

私がオススメしているのは『ブログで稼ぐ』ということです。

いきなり世の中を変えるようなアプリを作る必要もありません。
いきなり500万円借金してレストランを開くような必要もありません。

「たかがブログ」と侮るなかれ。
最初は月3万円、5万円と稼げるようになるところから始まって

最終的には月20万、50万、100万円と大きく伸ばしていくことができます。

それに、ブログは最初だけ頑張れば
あとは働かなくてもお金が入ってくるようになり
不労所得化するのが最大の強みです。

本の出版をイメージしたらわかりやすいかもしれません。

本の原稿を書いている間は、何文字書いても一円にもなりませんが
ひとたび完成してしまえば、あとは一切働かなくても

全国の書店であなたの本が売れるたびに、
チャリンチャリンとお金が入ってきますよね。

いわゆる『夢の印税生活』と呼ばれるやつです。

これと同じようなことが、実はブログでできてしまうのです。

本の出版っていうと、かなり難しそうですが
ブログなら、できそうな気がしてきませんか?

それに、ブログはとっつきやすいですし

ホリエモンの儲かるビジネス4原則を満たしているんですよね。

こんなに優れた稼ぐ手段はそうそうないです

パソコン
大学生がお金を稼ぐ方法。ホリエモンも認めるブログなどネットビジネスが最強な理由! 何がそんないいの? そんなふうに感じている大学生のあなたに、 この記事では、実際にネットを使ってたった一人で既に月8...

ブログで稼ぐ方法については
私のメルマガで解説していますので
ぜひ登録してみてください。

気軽な気持ちで登録してみるだけでも
マジであなたの人生を変える自信があります。

 

今日からさっそく3万円稼げる方法も解説しているので
あなたの常識が崩れ去ることでしょう。

(※メルマガの登録フォームはこの記事の最後にあります。)

就活鬱で内定が出ないときの対策

根本的な解決策は、個人で稼げるようになることですが
それ以外にも就活うつの対策方法を紹介しておきます。

自己分析をちゃんとやる

自己分析をちゃんとやることは大事ですね。
就活生は、どうしても実績とか自分のスキルとかの方に
目が行きがちですが

最優先で深掘りすべきは自己分析です。

ここをしっかりと分析して

そして自分の就活の軸を定める。

それも、
「なんとなく世の中に役に立ちたい」とか
「ITを使って世界を変えたい」とか
そんなぼんやりしたものではなくて
もっと明確なものに深掘りしていくのです。

これができていないと人事に
「それうちの会社じゃなくても良くない?」
というようなことを突っ込まれた時に

何も答えられなくなってしまってバンバン落とされますから
自己分析は最優先できっちりやりましょう。

精神科に通う

常に何をやっても楽しくない、
自分の意思とは関係なく涙が出てしまう…

というようなうつ病の症状が出ているのであれば
精神科に行った方が良いでしょう。

「まだいける」と思って無理して

あるときに心が壊れてしまって

その後、二度とまともな精神には戻れない…

ということになってしまってからでは遅いのです。

運動する

運動には心を軽やかにする働きがあります。

ランニングや筋トレなどあなたの好きな運動でいいので
気分転換に運動を取り入れてみましょう。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びると
脳の果松体というところから
気持ちが前向きになるホルモンが分泌されます。

毎朝、起きたらすぐカーテンを開けて
太陽の光を浴びるようにしましょう。

就活鬱で内定が出ないからって就職浪人はやめよう

対策としては就職浪人が思い浮かぶ人もいるかもしれませんが
これはやめましょう。

というのも、就職浪人した時点で
来年ほとんどの企業で書類の時点で落とされてしまいます。

ですから、就職浪人したからといって
今年より良い企業に就職できるということは
まずないと考えた方がいいです。

就職浪人はやめましょう。

とにかく、どこでもいいから
知らない会社でも内定を掴み取ること。

そして、実際に働き始めるまでの間に
個人で稼ぐということに全力を注ぐのが
一番良いルートでしょう。

就活鬱で内定が出ない まとめ

  • うつは日本の深刻な問題
  • 就活も気持ちの問題とか言って流してはいけない
  • 鬱になりやすい人のには特徴がある
  • どうせサラリーマンの中で頑張っても自由にはなれない
  • せっかくなら個人で稼ぐと言う道を行くのが根本的な解決策

ということでいろいろと語ってきましたが、
私としては「ブログ始めてみようよ」ってことです。

 

…とはいえ、『ブログで稼げる』という言葉だけを聞いたところで
実際にブログを始められるわけではないですよね。

そもそもブログがお金になるっていうのが意味わからないんだけど。
あれってただの日記でしょ?

という感じではないでしょうか。

そこで私のメルマガでは

実際に、最近流行りの『ブログで稼ぐ』というので自由な人生を手に入れる方法を

いっちばん初めのステップから具体的に解説していきますので

是非登録してみてください。

(超絶パソコン音痴の初心者でもわかりやすいと評判です(ヽ´ω`))

 

登録すると、今だけ最初のメール

『ブログがお金になる仕組み丸わかりガイドブック』

 +

『ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー』

がもらえます。

ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー
ブログで稼ぐっていってもまったくイメージがつかないんだけど…だってただの日記でしょ?

という状態でも

ブログがお金になる仕組みがサクっとわかるものになっていますし

 

ただ読んで「ふ~ん」で終わって、
またいつも通りの日常に戻っていってしまうのではなく

”今日からさっそく何をすればいいか”までわかり、
行動に移せるようになっていますので

ぜひ受け取ってくださいね(ヽ´ω`)

 

メルマガ登録矢印
ブログで自由な人生を手に入れるまで、最初の最初の一歩から進んでいくマガジン






リオンのメルマガがどういうものなのか、登録するまえにもっと詳しく知りたい!

という方はこちら。

メルマガがどういうものかより詳しく知る▶▶

▼▼私のツイッターはこちら。フォローするだけで『ブログで稼ぐ』ための情報が勝手に目に入ってくるようになります。▼▼

@Hyper_Realist25