『ブログで稼ぐ』初心者向けスターターキット
~まるで本の印税収入のように。働かなくてもブログからお金が入ってくる生活の、いっちばん最初の一歩を踏み出しましょう~
働きたくない・仕事をやめたい・自由に生きたい

会社が理不尽で悔しい…解放されよう!根本的解決策と今すぐできる対策を紹介

刑務所にいるビジネスマン

「仕事が理不尽で悔しい」
「上司さっきと言う事がコロコロ違うのに、俺のせいにしてくるじゃないか」

「上司や客の意見には何が何でも申し訳ございませんでしたって
頭をヘコヘコさせなきゃいけないの悔しいよ。俺悪くないだろ」

あなたは今そんな悩みを抱えていませんか?

どうも世の中には仕事が理不尽だとしても、
「まあそんなもんでしょう。みんな我慢してるんだから」
っていう節がありますが
そんな言葉に惑わされてはいけません。

仕事が理不尽で悔しいからといって
ずっと我慢しているだけだと、
あなた自身の人生なんてまるでないのも同然となってしまいます。

あっという間に定年になり
そして寿命がきてしまいます。

私は『ブログで稼ぐ』ということをなんとなくやってみたら、思いがけず収入が伸び
学生でありながら、新卒の4倍くらい稼げるようになりました。

(慶應の学歴も捨てて、就職も放棄しました。)

もう完全に個人で稼げるようになりましたから、
仕事の理不尽さとは今では完全に無縁で

快適な生活を送っています。

そこで、この記事では

  • そもそも会社というのは理不尽なものである
  • 理不尽さは我慢しなくていい
  • 仕事の理不尽さの目先の解消法
  • 仕事が理不尽で悔しい時にやってはいけないこと
  • 根本的な解決策は個人で稼げるようになることであるということ

を解説します。

この記事を読むことによるメリット

  • 「会社が理不尽なのを我慢しなくてもいいんだ」という気づきを得られる
  • 理不尽な会社から完全に抜け出して、自由な人生を過ごす第一歩を生み出すことができる

会社は理不尽なものである。悔しいのも無理はない

会社って理不尽ですよね。

私は就職していませんが、
一時期学生でありながら、週5でフルタイムでインターンをする
という社会人のような生活を送っていました。

そこでついた上司がもうクソなことクソなこと。

 

(もちろん上には上がいますから(?)
日本中を探せは私の上司よりクソな上司も
いっぱいいるんでしょうけれども、
それでも自分のインターンしたところも大概なものでした。)

「これをやりました」って報告したら
「なにこれ意味わからん。こういうやり方でやり直して」って言われ、

「言われた通り直しました」って報告したら

「いや、全部を全部そうやって直すなよ。
なんでそんな機械的にしか動けないの?」
って文句を言われた挙句に、

「マジで使えねーな」
「日本語分かる?」
「馬鹿なの?」

ってひたすら言われたりとかありました。
(ほんとに思い出しただけでイライラします。)

「じゃあ、完成する前にあらかじめ方向性を確認ておこう」
と、2割ぐらいだけ完成させて
「こういう感じで進めていけばよろしいでしょうか?」って聞けばスムーズに進むかなーと思って聞いてみたんですが

そしたら今度は「そんぐらい自分で考えろ。いちいち聞いてくるな」
って文句を言ったりとか。

の割には、確認を取らずに進めると
後々になって文句を言ってきたりとか。

とにかく何をしても文句の嵐でマジでうぜえなあと思ってたんです。

会社が理不尽で悔しい例

会社の理不尽なんて数えても数えきれないぐらいありますけど、
主な例としてはこのようなものがあるでしょう。

  • 自分のせいじゃないことを自分のせいにされる
  • 上司の言うことがコロコロ変わってそれを自分のせいにされる
  • 手柄を横取りされる
  • 同じミスでも人によって笑っているが人によっては大声で怒鳴られたりする
  • タバコを吸う人は休憩にならないからずるい
  • テキパキと成果を出す人間よりかもちんたら残業するやつの方が給料が高い
  • ごますりをするやつの方が出世する
  • 客からのクレームには頭を下げて対応しなければいけない
  • 自分が売りたくない物、絶対これお客さんのためにならないよって物でも会社のため
  • に売らなきゃいけない

などなど

会社っていうのは理不尽の塊です。

とくに老害で下に理不尽を押し付ける上司ってうざいですよね。
ウザい上司の言い分はだいたいこうです。

「俺が若かった時も苦労したんだから、お前も同じように苦労しろ」
っていう何の生産性のない言葉。

とは言え、
世の中こういった考えを持っている人間の方が多数派というのが事実です。

会社っていうのは理不尽なものです。

会社が理不尽で悔しいとしても諦める必要はない

だからといって諦める必要はありません。

「世の中まあそんなもんだよね」とか
「皆我慢してるんだからなんとか生きていくしかないよ」とか
そういった諦めのフレーズが飛び交っていますよね。

ちょっとあなたの同僚に
「うちの会社で理不尽だよなー」
って相談したとしても

「じゃあこの理不尽な状況を脱するにはどうするか?」

を本気で一緒に考えてくれる人は
まずいないのではないでしょうか。

みんな愚痴を言って終わりでは?

ですが、そんな社会の洗脳に染まらないでください。

我慢する必要はありません

会社が理不尽で悔しいとしても我慢する必要はない。解決策は?

なぜ我慢する必要がないかって、
今の時代会社にぶら下がらずとも
個人で稼げる時代が来ているからです。

具体的には『個人で稼ぐ』という力を身につけるということです。

『自力で稼いでいく力を身につける』って言っても
今の時代は恵まれています。

私がオススメしているのは
『ブログで稼ぐ』ということです。

いきなり世の中を変えるようなアプリを作る必要もありません。
いきなり500万円借金してレストランを開くような必要もありません。

「たかがブログ」と侮るなかれ。

最初は月3万円、5万円と稼げるようになるところから始まって

最終的には月20万、50万、100万円と

大きく伸ばしていくことができます。

もちろん今日から会社に依存しないために
できることをやっていくべきですけど

とはいえ、これだと明日からすぐ解決するわけではないですよね。

そこでとりあえず今の仕事での悔しさを
ちょっとでもマシにするための対処法を紹介します。

理不尽の原因を考える

理不尽の原因を考えましょう。

例えば上司に怒られたなら

「何故怒られたのか?」
「自分のミスが原因で上司に怒られてしまったならなぜミスをしたのか?」
「お客様からのクレーム対応が面倒くさかったんだから
クレームが来ないように前にできることはなかったのか?」

そういったことを考えましょう。

後悔と反省は違います。

後悔はただただ自分の過去の行いを悔やむこと。

それに対して反省っていうのは、
自分の過去の行いを見つめた上で
次に生かすにはどうすればというのを考えることです。

そうして後悔で終わらせるのではなくて反省して次に続きましょう。

いいところに目を向ける

会社が理不尽なところのいいところに
目を向けるというのも一つの策ではあります。

ただこれはやりすぎると、
本当は体の限界が来ていたのに
我慢し続けてしまうということになってしまい、

うつ病になり心が壊れてしまい、
その後二度と健常な精神に戻れなくなる危険性もありますので
ほどほどにしてあまり頼らないようにしてください。

悔しさがバネになる

悔しさは原動力になります。

「どうして自分はこんなこともできないんだろう」とか
「あのクソ上司絶対超えてやる」とか
「何だ今のこのクソな環境は何が何でも脱出してやる」

というような強い気持ちがあれば、
それが原動力となって爆発的な行動力を生むでしょう。

経験・スキルアップにつながる

「自分の不甲斐なさが悔しい」

そう思うのであれば反省して次に繋げることで、
スキルアップにつながります。

忍耐力がつく

理不尽なことがあると忍耐力がつきます。
ですからちょっとやそっとの辛いことでは
びくともしなくなります。

とはいえ
「だから理不尽な事も我慢するのが成長に繋がるんだ」
という考え方は私としては甚だ疑問ですけどね。

「何も辛い思いをするために
生まれてきたわけじゃないんだよ自分は」って感じです。

私は
「人生は辛いことは少しでも減らしてって
楽しいこと嬉しいことで埋め尽くして行った方がいいじゃん。

だって自分の人生では何で辛い思いしなきゃいけないの」
って常々思ってます。

めっちゃゆとり的価値観とか言われそうですが、
でもこっちの方が良くないですか?

辛い人の気持ちがわかる

辛い経験をしたことがあると、
辛い人の気持ちが分かるようになります。

実際自分が経験したことじゃないと
他人が悔しがってても

「でもそれって甘えなんじゃないの?」とか
「なんとかなるでしょう?」とか
そういった心ない言葉を浴びせてしまいがちですが

自分自身も本当に悔しいということを理解していれば
他人のつらさもわかる優しい人間になることができます。

怒られるということは攻撃ではない

怒られるこということは攻撃ではない
という考え方もあります。

それは
「怒るのは相手も労力を使うのであって、
自分のことを思って怒ってくれているのだ」という見方

確かにこうやって考えれば上司が怒ってくるのも
ちょっとは気持ちが安らかにはなります。

とはいえ私はこの考え方は甚だ疑問ですけどね。

もう怒るのが趣味みたいな上司いませんか?
怒るのって一種の快感なんですよね。麻薬みたいな。

本当はみんな怒りたくて仕方がない。

だから坂上忍はみんなの代わりにテレビの中で怒って
みんなのフラストレーションを解消させて
すっきりさせてるんですよ。

ほんとしょうもない。

あくまで、あなたの気持ちが楽になるのであれば
「上司が怒ってるのは自分のためを思ってのことなんだ」
という考え方を取り入れるのはいいですけど

それでも辛いのであれば、無理はしないことです。

紙に書き出す

紙に書き出すというのは効果的です。

いったい自分はどういうことが悔しいのか
紙に書き出すのです。

紙ではなくてパソコンのメモ帳にひたすら書き出してもいいですね。

頭の中で考えるだけだと
「Aが悔しい」「Bが悔しい」「Cが悔しい」
ところまで考えたとこで、再び考えが最初に戻ってしまって

「しかもAが悔しい。あとBも悔しい!」ってなってしまいますから
まるで頭の中に無限に悔しいことがあるように思えます。

ですが実際に書き出してみると
「なんだ自分が悔しいと感じていることは
AとBとC、全部でこれだけなのか」
っていうのがはっきりと目にわかるようになりますので
それだけでもかなり心が落ち着きます。

ストレス発散する

例えばカラオケ、ボウリング、ランニング、美味しいものを食べるなど
人によって違うでしょうが、ストレスを発散するのも効果的です。

寝て忘れる

寝ればとりあえず一時的な気持ちは治ります。

とはいえ会社が理不尽なのであれば
寝て忘れた所で次の日会社に行って、
また理不尽な気持ちになるだけの繰り返しですから。

根本的解決にはなりませんので
あくまでその場しのぎの解消法だと心に留めておきましょう。

会社が理不尽で悔しいとしてもやってはいけないこと

いくら仕事が理不尽で悔しくても
やってはいけないということもあります。

それは

  • 八つ当たり
  • ネガティブになる
  • ひたすら愚痴を言う
  • 自己正当化する

の4つです。

それぞれ見ていきましょう。

八つ当たりする

いくら仕事が理不尽で悔しいからって
周りに八つ当たりしてしまってはだめです。

それではまるで
「俺も悔しい思いをしてきたんだから
お前らも辛い思いもしろ」
と言う上司と変わりません。

いくら悔しくても周りは巻き込まず、
迷惑はかけないようにしましょう。

ネガティブになる

悔しいからとネガティブになってしまうと、
その気持ちがどんどん沈んでいってしまいます。

その後そのまま精神が病んでしまう可能性もありますから
極力ネガティブにならないようにしましょう。

とは言え
「私は今日幸せ」「理不尽にも耐えられる」って
言って虚勢を張るのも問題です。

そのまま本当はもう限界が来ていたのに
我慢をしてしまい、
そのまま心が壊れてしまう
という可能性もありますから

結局はやはり
職場に行かずとも生きていけるようになる
という根本的解決をするしかないのです。

ひたすら友達と愚痴を言う

ひたすら愚痴を言うのも問題です。

愚痴を言うこと自体はそれで心が少しは落ち着くなら
そんな問題もないのですが、

問題は愚痴を言うだけ言って満足してしまい、
結局またいつも通りの理不尽な生活に戻ること

愚痴を言って満足してしまって行動を起こさないのはだめです。

行動を起こさなければ何も変わりませんから
結局今まで通りの理不尽な生活が
今後20年も30年もずっと続くだけです。

そして定年になり旅行に行きたくても体が弱くて行けず、
数年経ったら老人ホームにぶち込まれ
そのまま寿命を終えるような人生になってしまうのです。

必ず何かアクションを起こすようにしましょう。
でないと現場は何も変わりません。

自己正当化して行動しない

これも同じですね。
自己正当化自体は悪くないことです。

「どう考えてもあの仕事は自分が悪かったんじゃなくて上司が悪い」
「上司が理不尽だ」
「職場がクソなんだ」などといったことですね。

逆に自己正当化せずに
なんでもかんでも自分のせいにしてしまうと、

「上司に行えるのも自分がいけないんだ」
「会社についていけない自分がいけないんだ」
「自分が何もできない人間だからダメなんだ」

という考えになってしまい
やはりうつ病になってしまいますから良くないです。

ただ問題なのは
自己正当化して「俺は悪くない」って言って
そのまま何も行動を起こさないこと。

これもひたすら愚痴を言う事と同じで、
結局行動しなければ今後20年も30年も
ずっと同じ未来が待っていますから、
自己正当化して行動しないということはやめましょう。

絶対に避けましょう。

仕事が理不尽で悔しいのは、会社に依存するのをやめない限り解決しない

仕事が理不尽で悔しいというのは、
会社に依存するのをやめない限り解決しません。
これはたとえ転職しても同じです。

そもそも会社というもの自体が理不尽なものですから
転職しようと会社のメンバーが変わるだけで、

また新しい会社には
新しい会社内のルール、文化、理不尽がありますから
変わりません。

ホリエモンは
「サラリーマンは現代の奴隷制度」だと言いました。
会社を変えるということは奴隷の飼い主が変わるだけの話であって、
結局理不尽からは全く抜け出せないのです。

ではどうすればいいかと言うと

個人で稼げるようになることですね。

なぜあなたが仕事が理不尽で悔しいと思ったように
「やめた。もうやめた」って言えないかって言ったら

それは会社がないと生きていけないから
会社に依存しているからです。

ですが会社に頼らずとも個人で稼げるようになったら、
もういつでも嫌なことがあったら
すぐ辞表を叩きつけ辞めることができます。

これこそ真の根本的な解決策と言えるでしょう。

会社が理不尽で悔しい場合のまとめ

  • そもそも会社は理不尽なものである
  • 理不尽で悔しい事に対するとりあえずの対処法はいくつかある
  • とはいえ会社に依存するのはやめない限り解決しない
  • 個人で稼げるようになって市場の理不尽さとは無縁の生活を送ろう

色々と語ってきましたが、とにかく伝えたいことは

今の時代はブログで個人で稼ぐというのが最適な選択肢だってことです。

 

…とはいえ、『ブログで稼げる』という言葉だけを聞いたところで
実際にブログを始められるわけではないですよね。

そもそもブログがお金になるっていうのが意味わからないんだけど。
あれってただの日記でしょ?

という感じではないでしょうか。

そこで私のメルマガでは

実際に、最近流行りの『ブログで稼ぐ』というので自由な人生を手に入れる方法を

いっちばん初めのステップから具体的に解説していきますので

是非登録してみてください。

(超絶パソコン音痴の初心者でもわかりやすいと評判です(ヽ´ω`))

 

登録すると、今だけ最初のメール

『ブログがお金になる仕組み丸わかりガイドブック』

 +

『ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー』

がもらえます。

ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー
ブログで稼ぐっていってもまったくイメージがつかないんだけど…だってただの日記でしょ?

という状態でも

ブログがお金になる仕組みがサクっとわかるものになっていますし

 

ただ読んで「ふ~ん」で終わって、
またいつも通りの日常に戻っていってしまうのではなく

”今日からさっそく何をすればいいか”までわかり、
行動に移せるようになっていますので

ぜひ受け取ってくださいね(ヽ´ω`)

 

メルマガ登録矢印
ブログで自由な人生を手に入れるまで、最初の最初の一歩から進んでいくマガジン






リオンのメルマガがどういうものなのか、登録するまえにもっと詳しく知りたい!

という方はこちら。

メルマガがどういうものかより詳しく知る▶▶

▼▼私のツイッターはこちら。フォローするだけで『ブログで稼ぐ』ための情報が勝手に目に入ってくるようになります。▼▼

@Hyper_Realist25