『ブログで稼ぐ』初心者向けスターターキット
~まるで本の印税収入のように。働かなくてもブログからお金が入ってくる生活の、いっちばん最初の一歩を踏み出しましょう~

リオンの人生~500円の豚骨ラーメンが高級品だった自分が、サラリーマンの4倍稼ぐまで~

リオンのプロフィール

こんにちは。リオンです。

私に少しでも興味を持ってくださって
ありがとうございます。

私は、今でこそ

学生でありながら、普通のサラリーマンの
4倍以上稼ぎ

ブログ仲間、ビジネス仲間と
気が向いたときに飛行機の便を取って旅行に行ったり

稼げるようになった教え子たちに囲まれたりして、

かなり快適な・ストレスのない・そして幸せな生活
送ることができています。

私の現状は、ザッと説明するとこんな感じです。

  • 学生でありながら、普通のサラリーマンの4倍以上稼いでいる
  • 毎月何もしなくても入ってくる金額が50万円以上ある
  • それに加えて、ゴリゴリ働いてお金を稼ぐのもあり安定して月収100万円を超える
  • 気が向いたら、お金も時間もあるビジネス仲間と「明日沖縄行こうぜ」って言って30分後に飛行機の便を取って、翌日から遊びに行くことだってできる
  • 沖縄で青い海・綺麗な夕日・美味しい料理をのんびり満喫して帰ってくると、むしろ口座残高が旅行にいく前より増えている
  • 年商60億円の、あなたも知ってるであろう全国にある英会話教室の、とある店舗のWeb集客コンサルを行い売上を5000万円増やす
  • 居酒屋やレストランに行ったとき、値段なんていちいち見ないでいくらでも好きなものを食べることができる
  • 遊園地に行ったときも値段を気にせずチュロスや限定ドリンクなど食べたいものを食べたいだけ食べることができる
  • 満員電車とは無縁の生活を送っている
  • 毎日、目覚ましをかけず好きな時間まで寝ていることができる
  • 昨日と今日で言うことが違う上司にヘコヘコするような必要もない
  • 職場の人間関係に悩まされることもない
  • 「あー眠いっ!いま15分でも仮眠できたらいいのに…」って思いながらツラい思いをしながら仕事をする必要がない
  • 同期より圧倒的に稼ぐことで「すげえな!」って言われる
  • 家族や友達が誕生日のときは、気持ちに加えてとびきりのプレゼントや綺麗なレストランでのディナーで相手を喜ばせることができる
  • 平日は仕事で忙しい。土曜日は疲れをとるために昼過ぎまで寝る。日曜日はまた翌日からの仕事に備えるために早寝する…こんなこと繰り返してたら、あっという間に定年のおじいちゃんになっちゃうじゃん…俺の人生の自由は…?」という不安から完全に解放された

etc…

(※その他の私の実績は、
ブログのこちらのページにまとめてあります。)

 

リオン
リオン
んん…!?なんでこんな胡散臭い感じになっちゃったんだ…!?

まあまあ、読み進めてもらえれば
とにかくまっとうなことを話しているのが伝わるかと思います!w

 

ツイッターのほうも伸びてきまして
つぶやくといいねやRT、
リプライなどの反応が集まるようになってきました。


(いつも皆さんありがとうございます(ヽ´ω`))

 

いまでこそこんなふうにいい感じですけれども

昔の話は、それはそれは悲惨なものでした…w

 

ということで、この記事では
私のプロフィール・生い立ちについて
ストーリー形式で語っていこうと思います(ヽ´ω`)

文章の長さ自体はちょっと長めですが、
ストーリー形式で書いているので
スラスラ読めるかと思います。

 

電車の中の暇な時間に読むのでも
ベッドの上でダラっとしながら読むのでも
すき家で牛丼食べながら片手で読むのでも

ぜひ、肩の力を抜いて

短編小説でも
読むかのようなつもりで、

もしくは、漫画でも
読むかのようなつもりで

読んでいただければと
思います(ヽ´ω`)

 

それでは
はじまりはじまり~

貧乏、貧乏、貧乏。とにかく金のない生活をしてきた。

牢獄

いきなり金の話になりますけれども

(いきなりすぎるww)

とにかく私は“金のない”人生を歩んできました。

母子家庭でしたし、養育費も出ていない。

本当に家計がやばかった時には
エアコンやストーブを使わないのはもちろん

水道代すらもったいなくて、風呂に溜めたお湯に
消毒剤をまいて、

2~3日使いまわすようなことすらありました。

 

女手一つでなんとか育てあげてくれた母親には
感謝していますけれども、

とにかくお金には
不自由した生活を送ってきました。

 

(思えば養育費がなかったのは、端的に言ってしまえば
父親が”稼ぐ力のない男だったから”ですね。

だからこそ
「俺は稼げる男になろう」なんて
かなり小さい頃から考えていたように思います。

幼いころから、ずいぶんとマセたことを考え、
そして、資本主義の残酷さに触れていたように思います。)

 

 

たまに、母親が
どうにかお金と時間を捻出して

遊園地とか科学館とかに
連れて行ってくれることはありました。

遊園地

けど、楽しいことには楽しいのですが、

どうも体の一部が
常にこわばってる感じがすると言いますか

「親もかなり無理してるんだろうな」っていうのが
伝わってましたし、
常に遠慮が消えませんでした。

お土産屋さんで欲しいものが目に止まったとき、
親は気を使って

「買う?」

って言ってくれましたけど
幼いながら、

「う~ん、別にいいや。
そんなに欲しいとも思わないし」

って言ったりしていました。

本当は欲しくて欲しくてたまらなかったのに。

普段は親もあまり私に構ってる時間は
ありませんでしたけど、

それでも気を遣って、ときどき
「映画見に行く?」とか、
「あのテーマパーク行く?」とか
「ボーリングしに行く?」とか聞いてはくれました。

ただ、そのたびに私は、

「いくらするの」

ってまず最初に聞き返す

ずいぶんと嫌な子供だったなぁと、今にしては思います。

 

やりたかったゲームだって買えませんでした。

友達がゲームボーイアドバンスや、
ゲームボーイSPをポンポン買っていく。

クラスの中はルビサファの話で持ち切り。

ポケモン ルビー・サファイア

(本当は自分も欲しくてたまらなかったポケモン・ルビサファ。

けど買えない自分は、
「ポケモンなんておこちゃまのやることだ!ポケモンなんてだいっきらいだ!」と
友達相手にわめきちらしてなんとか平静を保っていた。

ずいぶんと卑屈になっていた。
「自分も欲しい」という一言が素直に言えなかったのだ。

楽しくプレイしていた友達からしたらいい迷惑だったと思う。ごめん。)

 

でも、自分は1万円以上もするゲーム機なんて
買えるわけがない。

当時から私はパソコン少年でしたので
勝手にパソコンを使って、

ヤフオクで

「何かの間違いで500円ぐらいで
ゲームボーイアドバンスが出品されてたりしないかなぁ~」

なんて毎日見てたりしましたけど、

そんなことあるわけなく…w

 

ただひたすら我慢していました。

 

お兄ちゃんのお古で、プレステとか64とかで
10年ぐらい前のゲームをやっていたりもしました。

(お兄ちゃんが小さかったころは、まだ多少は
家計に余裕があったみたいです。)

 

中学生のときも
時代はPS3が出て、もう5年も経とうと
するようなときなのに、

自分は10年前に出た
FF10のグラフィック・CGを見て

「スゲー!綺麗すぎる!新時代だ!」

って感動したりとかね。

FFXのオープニング(まあ、たしかに今見ても綺麗だけどさ…)

 

あと、PSPで友達がモンハンやってるのも
羨ましかったですね。

当然、自分はそんな新しいゲームやることなんてできなかったので、

変にこじらせて

「レトロゲーの魅力が分かる俺こそ大人だぜ!」

って思ったりとかね。

 

今にして思えば完全に強がりでしたが。

 

だから、私は世代の割に
クロノトリガーとか、聖剣伝説とか
FF3・4・5・6とか、

ファミコンの悪魔城伝説とかロックマンとか
スーファミのロックマンXとか、

時のオカリナとか
その辺のレトロゲーに結構詳しいんですよね。

 

友達は最新機種のPSPで、綺麗な3Dグラフィックで
モンハンをやっている。

その一方で、私は

自分が生まれるよりかも10年以上も前に発売されたような
ドット絵のファミコンのロックマンを遊んでいたのでした。

クイックマンステージ

(クイックマンステージの、かっこよさと哀愁のMIXされた曲が好きでした。)

 

ロックマンをやるにしても、何周もやってると飽きてきます。

けど、新しいゲームを買うお金はないから、

テレビ画面の
8割ほどを厚紙で覆ってしまって見えなくして

その状態で全クリを目指す謎の縛りプレイをやったりとかね。

(そこで創意工夫をこらすんかい!っていうww)

 

友達が最新のマリオカートwiiをやってるのに、
自分はあとは金がなくて、ひたすらマリオカート64をやって
タイムアタックを極めたりもしていました。

友達↓

マリオカートwii

自分↓

チョコレートマウンテン

 

こうやって、とにかく金のかからないゲームで
暇つぶしをする日々。

 

スマブラを数千時間やりこんで

「1時間当たり100円で楽しめていると考えたら
実に何十万円分にもなる!お得だ!」

って思ったりとかね。

とにかく時間を浪費していました。

 

 

このような経験があったものですから、
とにかく卑屈な人間が生まれました。

「楽して生きてると後々ろくなことがないぞ!」とか
「我慢しなきゃ人間的深みは出ないぜ」とか
必死に自分に言い聞かせていたように思います。

そして、完全にひねくれてしまった自分は
「とにかく人と違った見方をするのがかっこいい」
みんながやってることを否定しまくるのがかっこいい」と思っていました。

だから、私は8歳ぐらいから15歳ぐらいまで

とにかくまず第一声が「いや、」という否定から入る
かなりうざい人間でした…

そして「いや、それって微妙じゃない?これこれこういうわけで~」って
相手を論破した”つもり”になったときは

鼻息を荒くして
「どうだ!みたか!」というような
内心、誇らしい気持ちになっていたものでした…

(今にして思えば、相手が言い返してこなかったのは
「論破されたから」ではなくて
「こいつの相手しても無駄だ…」と思われていたからでしょうね。)

当然、どんどんクラスでも孤立していきました。

このときの話はまたメルマガ内で詳しく話そうとは思いますが
自分はクラスで完全にひとりぼっちでした。

そして孤立すれば孤立するほど、ここでまた自分の卑屈なプライドが顔を出すのです。

「俺は孤高の一匹狼として生きていくんだ!
お前らとの繋がりなんてなくてもいいんだよ…!」って

自分に言い聞かせていました。

ここでもやっぱり、「みんなと仲良くしたい」というのを
素直に認めることができなかったのです。

 

高校に入っても、お昼ご飯は毎日108円の菓子パンのみ。

菓子パン

(こういうのですね。ランチパックは150円するのでちょっと高級品でした。)

 

友達は気軽にジュースやコーヒーを一緒に買ったり
ミルクティーを買ったりしてましたが、
自分にとってそんなことは考えられませんでした。

あとは、親の金でハワイ旅行行ったのを自慢してる奴に、
本気で殺意が湧いたりもしていました。

 

ていうか、お金ないのって人を狂わすんですよね。

私も、お金がなかったときには
本当に心が余裕がなかったように思います。

金持ちの家に生まれて、のほほんと生きてるやつに
とにかくとにかくイライラしていた記憶しかありません。

ある日、中目黒に行く用事があったときに、
中目黒アトラスタワーへと帰宅していく高校生を見て

「すげえのはお前の親であって、お前はすごくねーからな!」と

見ず知らずの高校生相手に心の中で思ったりもしてました。

(今考えると完全にびょーきwww)

中目黒アトラスタワー

(中目黒のシンボル、アトラスタワー。引用元

 


高校生のときの私にとっては
ラーメンが高級品でした。

それも、ラーメンの中でも安い
500円のとんこつラーメンを

「おいしい…おいしい…!」と
涙を流すほどの勢いで感動しながら食べていたものでした。

博多天神

(たまーに食べることができた博多天神。私にとっては高級フレンチのような存在だった。)

 

だって、たった500円の安いラーメンでも

毎日108円の菓子パンで昼ご飯を済ましてる自分からすれば
平日5日分ですよ。

700円のラーメンなんて超高級品でした。

模試の後の、自分へのご褒美ぐらいのときしか
食べられませんでしたね。

 

そういえば、親からもらったお小遣いの一部で
親にプレゼントするとかいう
よくわからないこともしていましたね。

誕生日の日、そごうの地下で美味しそうなクロワッサンを
300円分ぐらい買って、包装して、あげました。

これでも親はかなり喜んでくれていましたが、
個人的には

(なんだかなぁ)

と感じていました。

 

もちろん、たった300円のクロワッサンにも
気持ちは込めていますけど、

1年に1度の誕生日なんだし、
もっとちゃんとしたものをあげたいなって。

 

(確かに、お金がなくても気持ちを伝えることはできますけど、

別にお金をかけたら気持ちが薄まるわけじゃないですよね。

お金と気持ち、プレゼントにはどっちも
のせればいいじゃないかって思うんです。)

 

大学に入ってからも相変わらずでしたね。

いや、金がないよって。

 

サークルに入って、一番最初に先輩に連れられて行って
シューズを買うところから始まりましたが、

「え、たかがシューズに9000円もすんの!?」って。

「払えないよ!」って。

けど、自分以外のみんなは涼しい顔をして
買っていくのです。

信じられませんでした。

(結局そのときは
「あ、いとこからシューズもらうことになってるんで今日は買わないっすww」
とか適当に嘘をついて買いませんでした。)

 

あとは、サークルで学園祭の後の打ち上げとかで
みんなが3000円で飲み会に行くのも

自分はお金がないからと、
我慢したこともありました。

後でインスタのみんなの楽しそうな投稿を見て
泣きそうになったものでした。

(行きたかったなぁ…)

本当に行きたくて行きたくて、仕方がなかった。

 

“たかが”お金のせいで。

お金が原因で、行きたいところに行けない、

やりたいことができない人生なんて嫌だと
心底思いました。

 

合宿にも行けなかったですね。

本当は合計4泊5日の合宿にいって、
3日目に途中抜けしたことは
かろうじてありましたが、

本当はお金が許せば
最初から最後までいたかったです。

そして、同時に
親の金でのほほんと合宿に入ってるやつらには

相変わらずヘイトが溜まりまくりました。

(ヘイトが溜まる…「あ~こいつうぜええ~!」と思うこと)

 

さすがに実家からキャンパスまで通うのは
厳しいということで
一人暮らしを始めましたが

家賃もバイトで払う必要があったので、
都内で45000円の、かなりの低価格でボロい家でした。

夏には毎日、家のすぐ外の廊下に
Gが2~3匹サササササッ…と動いているようなところでした。ボロアパート

(まさにこんな感じ。夜は地獄)

 

とはいえ、仮にも初めての一人暮らしで
ワクワクしていたこともありましたし、

「これはこれでなんだか趣があるな」と
個人的にはそれなりに気に入っていました。

けど、下北沢に親の金で10万円の家に住んでる友達には

「お前こんなとこ住んでんの!?え!?マジで!
うわー俺ぜったい無理だわーww」

とか、めちゃくちゃバカにされました。

そして、やっぱりヘイトが溜まりました。

 

お金が理由で我慢しなきゃいけない人生なんて、もうイヤだ!!!

 

と、まあ
こんな生活を送ってきたわけですから

とにかくお金に困らない生活がいいな
そればっかり考えていました。

やりたいことがあったとき、
お金を一切気にしなくていい。

一ミリもお金が原因でためらわなくていい。

そんな生活がしたいと思いました。

 

とにかく、お金のことを考えなくていい生活がしたかったです。

頭を抱え込む男

 

今までの自分は、起きている間ずっと、ずーっと
お金のことを考えているような感じでした。

何をするにも、まずお金がちらつくのが最優先で

考えているのが

「お金、お金、お金」

 

別に、なにもフェラーリやランボルギーニを
乗り回したいわけじゃないです。

家賃100万円の家に住みたいわけでもないです。

300万円する腕時計が欲しいわけではないです。

キャバクラやクラブのVIPで一夜にして30万円使いたいわけでもないです。

 

けど、

毎日ランチに1200円使っても1ミリも痛くないとか、
「旅行に行きたいなー」って思ったら迷わずいけるとか。

 

そういう、常識の範囲内の贅沢は、

一切のためらいなく、
一切の迷いなく、一切の遠慮なくできるような
生活が欲しかったのです。

 

 

ただ、正直かなりこじらせていたのも事実だと思います。

言ってしまえば「金、金、金」というような感じでしたけど、

今にして思い返してみても
それまで経験してきたことを考えれば、
お金を第一に考えてしまうのも無理はなかったかなと思います。

 

大金持ちになれるほどの自信は、正直なかった…どうしても弱気になってしまう自分

壁にくい込んだ手

とはいえ
「お金持ちになりたい!」とは思っても
正直、自信もありませんでした。

大学は幸い、そこそこ良いところに行けましたので
親戚のおばちゃんとかには、

「もう将来安心ね~」

とか言われることが多かったですけど、

実際は大学に入ってからも結構厳しいんですよね。

 

このとき自分は、「いかにいい会社に就職するか」しか考えていませんでしたが、

 

全国的に有名な大企業、

それも、ただ有名なだけじゃなくて、
しかも年収が高いところ、

若いうちから年収1000万目指せるようなところを目指すとなると

当然ライバルのレベルも高いです。

 

東大、京大、一橋大、東工大がまずいますし、
その後も早慶などなどのランクの大学が詰まっています。

油断しているとあっさり落ちるんですよね。

 

大学入学したてのころは、みんな「人生勝った」
みたいな感じでいますけど

やっぱり就活の時期になると、
「5大商社とか入ったあいつは、やっぱすげえな~」ってなります。

そして、ゴールドマンサックスみたいな外資トップに行った連中は、
神様みたいな扱いになるのは
大学生あるあるです。

 

それに、

「こういうやつが将来いい企業に
就職してくんだろうな~」

みたいな上位の人達は
大学1年生のころから動き始めてていたんですよね。

1年生のときから、4月からさっそく起業サークルに入ったりとか。

ビジネスコンテストに出たりとか。

留学に行ったりとか。

1年の夏からいきなりインターン始めたりとか。

あと、ありきたりだけどカンボジアに
学校を建てるとかね。

ありきたりではあるけど、
実際海外まで行って行動を起こしてる時点で

自分より100倍も1000倍もすごいと思いました。

そんな奴らと戦うことを考えると、
正直、本当に自分がお金を稼げるようになる自信なんて
ぶっちゃけ持てませんでした。

 

「お金稼ぎたい!」と夢は一丁前に掲げるくせに
どうにも本気になりきれない、あまっちょろい自分。

今にして思えば笑っちゃいます。

 

それに正直なところ、
本気で100%全力を出して目指して

それでうまくいかなかったら怖いな…と
思うような部分もありました。

 

日本で年収1000万円を超えるサラリーマンは
全体の4%しかいないそうです。

「果たして自分はそこに食い込めるだろうか?」

「そこに食い込める自信はあるか?」

 

私はイメージしてみました。

体育館に100人詰め込まれる様子を。

そして、その100人の中で戦い合う様子を。

その中で、最後の4人まで生き残れる自信があるかと…

 

到底、ありませんでした。

バトルロワイヤル

(最後の一人になるまでお互い殺し合う漫画、バトルロワイヤル。)

 

「30人ぐらいまではなんか生き残れんじゃね?」って
感じはしましたけど、

その辺りで脱落する気しかしませんでした。

 

このままだと、
「平均よりはちょっといいぐらいだけど
全然お金から自由とは言えない生活が待っている未来」しか見えませんでした。

 

「平均よりちょっといいだけマシじゃないか」と
思う人もいるかもしれませんが、

とにかくお金が原因で
強烈なコンプレックスを抱えていた自分としては

それでは絶対に満足できなかったのです。

 

それに、

「もしかして、一流企業への就職を目指すという方向性では、
自分の理想の生活は手に入らないのではないか…?」と
薄々感じ始めたこともありました。

というのも、サラリーマンになると
いくら給料がよかろうとも理不尽なこともありますし、
自由な時間だってほとんどなくなります。

仕事に追われる人

 

大学に入って私はしばらくは居酒屋バイトで
どうにか食いつないでたわけですが、

そのときは店長に

「こんなこともできないのか!」
「プライドだけのしょうもねえガキだなあ~」
「バカなの?」
「縦と横の違いわかる?」

とかいびられたりもして
とにかく大変でした。

「きっと、サラリーマンになってからも
上司からはこういう理不尽な扱いを受けるんだろうな…」と
社会というものを知りました。

 

それに、週4で居酒屋のバイトしてて、
とにかく自由な時間もなかったです。

一日のうち何時間もバイトで潰れる。

そして、疲れ果てて家に帰ったらあとは寝るだけ。

その日々の繰り返し。

 

週4のバイトでもこんなに辛いのに
サラリーマンになったら週5で働かなきゃいけない。

ブラックなところだったら週6で働かなければいけないことになるだろう。

 

…耐えられる気がしませんでした。

 

それに、バイトをしていて感じたことですが、
いわゆる『お給料』というやつは

『自分の時間・寿命を切り売りしてる感じ』がすごく嫌だったのもあります。

違和感がありました。

砂時計

 

バイトしてる時間は、できるだけ一瞬で
過ぎ去ってくれた方が嬉しいわけです。

体感時間が短ければ短いほど
一瞬でお金が入った手に入ったような
気がする〟からです。

でも、私はこれに非常に違和感がありました。

 

よく考えてみてください。

本来、自分の人生に

「さっさとこの時間過ぎてくれないかなぁ~」

なんて思う時間は一秒たりともあってはいけないものでは?

 

だって
お金はなくなってもまた稼げばいいかもしれないけど

時間は一度失ってしまえばもう二度と取り返すことができないのです。

たとえ何億円、何兆円積もうとも。

そんな何よりも貴重な時間を
「さっさと時間すぎてくんねえかな~」なんて気持ちで切り売りすることが
すごく嫌でした。

 

それに、毎日の満員電車だってありますよね。

満員電車のストレスは戦場の最前線の兵士と同じとまで
言われたりしますが

実際、満員電車に乗ってる人たちは
すごくイライラしてます。

耐えられる気がしませんでした。

 

 

いい大学に入って、いい企業に入ることが
お金持ちになる”唯一の道”だと思っていた自分ですが

「そうでもないのでは…?」と

徐々にこれまでの常識が崩れ始めます。

(と言っても、このことに気づいてから、実際に認めるまでは
3ヶ月以上かかりました。

だって、このことを認めてしまったら
大学受験の自分の頑張りはいったいなんだったんだ…
ってなってしまうからです。)

 

それに、このとき
「お金持ちになりたいです」という夢があったとしても、
とにかく否定されました。

得体のしれない不安

「キミ、将来どうしたいの?」

「う~ん、あんま決まってないんですけど、とりあえずお金持ちにはなりたいですね~」って言ったら

「お金よりやりがいが大事だよ~」って言われたりとか。

(今にして思えば、お金とやりがい
どっちもあればいいじゃんと思うんですけどね。)

あとは「人生そんな上手くはいかないぞ」
ニヤニヤと言われたりとかね。

将来の夢を語っても、とにかく
大人に否定されまくりました。

このとき、

「あぁ、夢って語っちゃいけないんだ。」って
思いました。

いつしか私は人に夢を語ることが
怖くなってしまいました。

どうせまたバカにされるのが目に見えているから。

 

 

それと同時に

「お前ら後で全員見返してるから待ってろよ!

うだつの上がらない人生を送っているお前らと違って
俺は最高に勝ち組の人生送ってやるからな!!」と決意しました。

せめてもの挑戦。本を読めば何かが変わるかもしれないと思って狂ったように読み漁った

そんなふうに、

「お金持ちにはなりたいけど、でも…」

とモゾモゾしてはいたのですが、

さすがに何もしないわけにはいかないと思って
現状を変えようと努力はしました。

なにをしたかっていうと、
とにかく本を狂ったように読みまくりました。

半年間、180日のうちに
100冊以上読みました。

 

まずはホリエモンとか有名な人の本から攻めました。

ホリエモンのゼロ

そして、ホリエモンとかの公式サイトに行くと
おすすめの本が載ってたりするんですよね。

 

「あのホリエモンが読んでる本なら!」ということで
その中から気に入ったやつを選んでみたり。

時間ができたらとにかく本屋に寄りました。

学校の帰りとか、ちょっと時間があったら
意味もなくとにかく本屋に寄ってみたりしました。

そして、経営・起業・フリーランス・ビジネス術などのコーナーへ行き、

気になった本や、前もって評判を調べておいた本を買い

とにかくとにかく読みまくりました。

 

…でも、100冊以上読み終わった後に気付いたんですよね。

「結局、自分は何から始めればいいの?」って。

 

「人に感謝を与えよう」とか
「起業するなら最初の一年は死に物狂いで頑張る覚悟が必要」とか
「自分の熱中できることをやることが大事」とかいうことは書いてあるんですけど、

「じゃあ自分は今から何をすればいいの?」

っていうのが全くわからなかったのです。

途切れた階段

こういった本って、読んでるときはやる気が出ます。

「こういった小難しい本を読んでる自分って
ちょっとかっこいいんじゃね…!?」って感じもしますし、

読んでいるときは気持ちが奮い立ちますけど

結局なにをすればいいかが分からないのです。

 

やる気は出るけど、行動できない。

そして、寝て起きたらやる気はすっかり消えてしまっている。

そして、一歩も前進していないけど
時間だけが過ぎ去るのが怖くて
何かに取り残されているような気がしてしまって

その不安を埋めるようにまた本屋に行って
狂ったように本を読む…

 

そんなことをずっと繰り返していましたが、
何も変わりませんでした。

 

 

・・・

 

 

 

そして、何も変わらないまま
日付は半年が経ちました。

カレンダー

 

こんなにあっさり半年が経つのかと
絶望に近い気持ちを覚えました。

 

(半年前、よく聞いてたあの曲が
シャッフル再生で流れてきたな。

そっか、俺がこの曲にハマったころから
もう半年経ったんだ。

半年経ったけど、どうだ…?

俺は一歩も進んでないじゃないか…!)って

悔しくて悔しくてたまりませんでした。

 

それに、今にして思えば
やっぱりいまいち本気になりきれなかった部分もあると思います。

 

大学に関しては必修の授業はあまりなかったですし、
出欠がある授業もほとんどなかったのをいいことに

明け方に寝て14時に起きるみたいな
舐めた生活をしていました。

そのくせ、いっちょ前に焦りだけは感じてたんですよね。

笑っちゃいますよね。

 

人生を変えた、Twitterからの出会い。

分かれ道

しかし、そんなときに
私に明確な人生の転機が訪れます。

いま振り返っても間違いなく、
あのときの選択が私の人生を180度変えました。

 

というのは、私はTwitterで1年生のときからずっと見ていた
ベンチャー起業家のアカウントがあったんですよね。

内容がかなりまともだったので、

「読むだけで勉強になるなぁ」と思いつつ
1年生の時からずっと見ていました。

 

(たまに、Twitterって”自称起業家”とか言って
ろくでもないアカウントあったりしますよね。

ああいうのとは全然違いますよ。

ろくでもないアカウントは

「今日もミーティング」って中身のないツイートしたりとか、

「今日のディナー!」って使い回しの焼肉の写真のっけたりとか
「金さえあれば何でも買える」って言って
レンタルしたブランドもんの写真を載っけたりするだけで。

 

とにかく「うさんくせーー!」って感じじゃないですか。

 

そういうろくでもないアカウントじゃなくて

ビジネスの本質を突いた言葉をつぶやく
非常にまともなアカウントでした。)

そして、その人があるとき
ツイッターで募集をかけていたんですよね。

「Web領域でガンガン戦える人材を
バキバキに育てようと思います。
興味ある方はこちらの申し込みフォームより」

という募集を。

 

私はそれを見た瞬間、

「今度こそ何かが変わるかもしれない…!」と思って飛びつきました。

急いで申し込みフォームを開き、経歴を入力し
そして、申し込みました。

都内のオフィスに行って話を聞き、
そして途中、選抜のための課題を受けたりなどもあり
合計3回ほどオフィスに足を運びました。

そして、10倍ほどの倍率を勝ち抜き
最終選考まで残りました。

そこで伝えられたのが、

「社内は完全成果報酬で
稼げるようになるまでバキバキに育てあげるし、
売り上げの大部分を報酬として渡す

最初に35万円の受講料が必要」ということでした。

 

35万円…

 

今までの自分だったら考えられない桁の金額でしたし、
大学生にして借金というのも、一瞬ビクッとしました。

しかし、自分でも驚くほど
迷いはほとんどありませんでした。

 

よくよく考えたら、35万円って奨学金の10分の1もありません。

それに弁護士を目指して伊藤塾というところに通っている友達は
2年間で260万円の授業料を払っていました。

あとは言ってしまえば〝たかが〟ダイエット
50万円払ってライザップを受けてしっかり痩せた友達もいました。

(もちろん、体型のことで真剣に悩んでいる人が
この世には存在するのも分かります。すみません。

でも、当時の自分にとっては
体系のことよりかも、お金のことの方がよっぽど根深い問題だったので

あえて〝たかが〟という言葉を使わせてもらっています。)

この環境に飛び込むことで人生変わるきっかけをつかめるかもしれないというのなら
このチャンスを逃すわけにはいかないと、本能が感じていました。

 

その人のTwitterを1年ほど見ていて
しっかり事業をやっている人であるということを
“自分自身の目”で見極めていた上に

これが本当の人生の転機となるようなら
飛び込むしかないと感じました。

 

まず、アコムで限度額の26万円まで借りました。
(信用の問題で26万円までしか借りれませんでした。)

その後、楽天カードを作って9万円借り入れました。

 

そして、オフィスの近くのコンビニで
35万円をおろしました。

(1回に20万円までしか下ろせなかったので、
2回に分けて20万円と15万円ずつ降ろしました。)

札束(さすがにここまで分厚くはなかったですが…)

 

「俺の財布の中に35万円入ってるよ…!」

オフィスからコンビニまで20mぐらいしか
ありませんでしたが、

その20mがまるで無限にあるかのように感じられました。

「万が一、財布を取られたらどうしよう…」とか
「万が一、財布を落としたらどうしよう…」とか。

 

そして、無事35万円を手渡し、

その日からゴリゴリのトレーニングが始まり、
私の個人で稼ぐ人生が始まりました。

もう後がない!初めて本気になれた自分

時間に追われる男

具体的にどういうことをやっていったかは
細かく書くと長くなりすぎるので
ここでは詳しくは語りませんが、

一番最初は『セルフバック』というやつに取り掛かりました。

セルフバックっていうのは、例えば
クレジットカードを普通に作るんじゃなくて
うまくキャンペーンを利用して作ると
1万円ぐらいもらえたりします。

そういうキャンペーンを駆使すると
30分ぐらいでクレカを3枚作るだけで
とりあえず3万円ぐらい稼げたりするんですよね。

(ちなみに、セルフバックのやり方は
私のメルマガでも解説しています。

この記事の一番下に登録フォームがありますので、
興味があればぜひメルマガでやり方を見てやってみてくださいね。)

 

リオン
リオン

うーん、本当にそんなんできんの…?

そんな簡単に3万円も稼げるんなら
何でみんなやらないの?

と思いつつ、
とりあえずやってみましたが、

本当にその日のうちにさっそく3万円稼げて。

このとき、私の常識が完全に破壊されました。

ガラスを破る拳
リオン
リオン
本当にみんなやってないだけだった!!!www

 

今までの私は、妙に小賢しい部分があったといいますか

「ググればなんだって知ることができる!
俺はネットリテラシーが高いカシコイ人間なんだ!」と勘違い
していました。

でも、そもそも自分が知らない世界のことに関しては
何も知らないんだから、ググったところで

正しい情報にはたどり着けない…ということを知りました。

(そして、さらにレベルの高い話になると
そもそもネット上には無料で情報が載っていないというのもあります。)

こうして、

リオン
リオン
知る人ぞ知る情報を持っている人間たちは、こんなにおいしい思いをしているのか…!

と、この世の真理を私は身をもって体感したのでした。

このセルフバックをやる段階は
もう初日で終わりました。

次はトレンドアフィリエイトというものに
取り組みました。

これも、やはり今回はあまり細かいところは
説明しませんが、

私のメルマガではしっかり学べるようになっていますので
期待しておいてください。

このときは、ブログの記事を書くのがお金になる理由が
いまいちよくわかんなかったですし、半信半疑ではありました。

けど、35万円払ったということもあって
それなりにしっかりやりました。

今までのふぬけてた自分とは大違いです。

 

本気度で言えば
90%くらいといったところでしょうか。

結構頑張りました。

 

おかげで最初の月に数千円稼げて、
次の月に月2万円、次の月には8万円稼げました。

確かに数千円とか2万円とかだったら
バイト代より少ないです。

8万円でも、バイトとあまり変わらないぐらいではあります。

ですが、このとき私は
「時給としてではなくて、自分の力でお金が稼げたぞ!!」ということで
とにかく感動しました。

そして、数千円、2万円、8万円と金額が増えていったのを見て、

自分の力で稼ぐなら、頑張りに応じて金額が増えるんだな。

それなら今はまだバイト代と大して変わんないけど
がんばればがんばるほど月10万、
月20万、30万、50万円と伸びてくんじゃないか!」って
確信を持つことができました。右肩上がりのグラフ

 

ここからはもうスイッチが入って、はやかったですね。

「これはいける」という確信を持てたので
もう本気度100%で頑張りました。

起きてる間はひたすらパソコンと
向き合っていましたね。

もはやご飯を食べに行くのが
息抜きみたいな感じでした。

友達と飲みに行くのも月に0回とか
多くても2回程度までにしました。

 

ずっとオフィスには通っていましたが、
それ以外では人とは会いませんでした。

そして、とにかく起きてから眠くなるまで
ひたすらやるという感じだったので
生活リズムがぐるぐる回ったりしましたね。

もう昼夜逆転して、超不健康な生活になって。

で、またもう1回生活が逆転して
超早起きになったりとか。

 

 

それでもやっぱり、どうしても途中で

「このまま進めていて、本当に上手くいくのかな…」って
不安になってしまうときはありました。

けど、そのときは

「今までいつだって本気になりきれずに逃げてきた自分、
ここで頑張らなくてどうするんだよ…!」

「そうやってお前は、いつまでも肝心な場面で言い訳ばっかりして逃げ続けて、
気づいたら70歳、
もうやりなおしのきかないところまできてしまった人生を歩むつもりなのか…!」

って思いました。

そして、

今まで自分を馬鹿にしてきたおっさん、数少ない応援してくれる人たち、精一杯生きているのに俺の家を馬鹿にしてきたやつ、いつも無理していた親の顔が頭をよぎりました。

 

 

…私は諦めませんでした。

 

あとは、オフィスに実際にブログで
月300万円とか稼いでる人がいたので
その人と夜ご飯食べに行って話したりして、

「ちゃんとやれば稼げるんだ」っていう実感が持てたのが
大きかったですね。

 

やっぱり実際に稼いでる人と
直接関われる状態を作るっていうのは
本当に大事だと思います。

私のような例は珍しいにしても、
コンサルを受けるとかでもいいと思いますが、

実際に稼いでいる人と関わりを持つことは
本当に大事です。

「自分も行けるぞ!」って気がしてくるので。

 

『人間はイメージできないことは実現できない』

という言葉があります。

ですが、実際に稼いでいる人と関わっていると
「俺もできるぞ!」ってイメージが湧いてくるのです。

 

後は毎日鏡に向かって

リオン
リオン
いけるぞ!お前ならいけるぞ!

と繰り返してました。


あと、このときは単純に楽しかったのもありますね。

頑張れば頑張るほど数字が伸びる。

 

攻略法を考え、数字を伸ばしていくのは
さながらゲームのレベル上げのようでした。

(ここで、昔のゲームのやりこみ体質が謎に活かされるのでした。)

具体的にやった内容に関して
やはり詳しい解説はここではしませんが、

ブログ・サイトアフィリエイトというので
サイトを一つ作っていましたね。

これが上手く伸びたので
色々なジャンルでサイトを作りまくりました。

これで収益が月30万円くらいまで来ました。

このあたりで、まわりの大学生と比べるとだいぶリッチになり始めます。

 

そのあとは、メルマガを組み合わせるというステップに入りました。

当然、収益はさらに伸びました。

学生にして月収80万円を達成!

札束にかこまれて嬉しそうな男(※画像の男は私ではありません。一応。)

 

そして、あの35万円を払った日からついに1年と2ヶ月後、
学生でありながら月収80万円を達成しました。

Twitterがきっかけで最初に「えいやっ!」と飛び込んだのがきっかけで
ここまでたどり着くことができたのかと
しみじみと感動したのを覚えています。

 

まずは、親にオメガの時計をプレゼントしました。

相当驚いていましたね。

 

それと同時に、実際に稼げていることの何よりの証拠でもあったので、

就活はしないことを伝えても、

「そう、あなたが信じる道を進みなさい」

という言葉をかけてくれました。

 

親には女手ひとつで育ててもらった感謝があるので
気持ちとお金・両面でこれからも恩返ししていきたいですね。

 

後は、とにかく『お金理由で迷う』ということが

ほとんどなくなりましたね。

 

遊園地に行ったときも、遊園地内のレストランの食べ物とか、
ポップコーンとかチュロスとかも気兼ねなく
食べたいだけ食べることができます。

お土産だって欲しいと思ったものが買えます。

気になる新作ゲームが出たらすぐ買えます。

旅行に行きたいところがあればすぐに行けます。

人生で今が一番若いのだから、後回しなんてしないで
ガンガン行きたいところに行って

そして、フレッシュな心で旅を満喫することが
できています。

青空のビーチ

ビジネス仲間とご飯に行くときだって
食べたいものを、値段なんていちいち見ないで
好きなだけ食べることができます。

 

そして、とにかく自由ですね。

昨日と今日で言うことが違うような上司もいない。

「俺、悪くなくね?」ってことで
ペコペコ頭を下げなければいけない上司もいない。

おっさんに舌打ちされたり、足を踏まれたりする
満員電車に乗る必要もない。

毎朝決まった時間に早起きする必要もない。

 

時間の使い方だって自由です。

私は、

リオン
リオン
いいところに就職しても、仕事で忙しくて
定年まで自分の時間がなくなっちゃうんじゃないかな…

って不安に思っていましたが、

ブログで稼ぐのであれば
自分が働かなくてもお金が入ってくるようになるので
時間も自由です。

ハンモック

働かなくてもお金が入ってくるというのは、
ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、

自動販売機を考えてみてください。

あれって、街中に置いてるだけで
人が勝手にお金を入れて、勝手にジュースを買ってってくれて
何もしなくても儲かりますよね。

あとは、本の印税収入も分かりやすいかもしれません。

あなたが、本を書いたとしましょう。

本って書いてるときは大変です。

何千文字書こうが、何万文字書こうが
1円にもなりません。

ですが、ひとたび出版してしまえば

後は一切働かなくても
ポテチを食べながらのんびりネットフリックスを見ていても

全国の書店であなたの本が売れるために
チャリンチャリンと口座にお金が入ってきます。

 

これはあくまで例ですが、このように

この世の中には
『働かなくてもお金が入ってくる状態を作る方法』というものが
存在するのです。

そして、ブログでも『働かなくてもお金が入ってくる状態』を
作ることができてしまうのが
今の時代のすごいところです。

(具体的な方法は、やはり私のメルマガで解説していきます。)

 

それに、付き合う人間も
素敵な人々に囲まれているのが幸せですね。

教え子達もみんな稼げるようになって、
今ではビジネスパートナーになっています。

(私はコンサルを依頼されたら
お金を頂いて行いますが、

とにかく必死に数をとりまくっているわけじゃないので、
一人一人の教え子にしっかりと向き合って
教えることができています。)

 

後は、私と同じように
お金と時間の面で自由なビジネス仲間にも囲まれているので、

「明日沖縄行かない?」って言ったら
その場で飛行機の便を取って旅立てるような仲間にも
恵まれています。

 

それに、『夢を語れる仲間』に囲まれているのが
本当に嬉しいですね。

 

みんなそれぞれ自分でビジネスをしているというだけあって、

  • 「いかに現状を良くするか」
  • 「いかに上に進むか」
  • 「いかに目の前の困難を解決するか」

というような思考回路ですので、
話していて夢や希望にあふれていて
イキイキとしていますし、本当に楽しいです。

希望に満ちた男

 

もう、夢を語っても
「どうせそんなうまくいかないよ」
とか言ってくるおっさんは、

いつのまにか私の人生からは消えていました。

 

そして、お金よりかももっと大事な部分に
意識が向けられるようになったと思います。

 

とにかく、昔の私は卑屈でした。

そして「金、金、金」という感じでしたが

金を追い求めた結果、
お金以上に大切なものに気づくことが出来ました。

 

お金がなかったころは、とにかく何をするにしても
真っ先に頭をよぎるのがお金の心配。

起きてる間ずっとお金の事を考えてる。
「お金、お金、お金」という感じで
脳の90%をお金のことを考えるのに使っていたような感じでした。

そしてお金以外の、人情とか、生きる喜びとかには
脳みそのたった10%しか使えていなかったような状態でした。

 

…しかし。

お金に余裕が生まれたことによって、
頭の中がお金に支配されることがなくなりました。

 

それより、お金よりかも本当に大事な
友情とか、生きる喜びとか

人に感謝されることの何よりの嬉しさとか

そういうところに意識が向くようになりました。

 

とにかく、人生の自由度が上がりましたし
モノクロだった視界が色づいて行きました。

「人生ってこんなに楽しいのかよ!?」って感じています。

 

そして私は、現状ではまだまだ全然満足しなくて
これからも2倍3倍、いや10倍20倍と
もっともっと上を目指していきます。

こうして夢を語っても「どうせうまくいかないよ」
って言ってくるおっさんはもういません。

これからも、挑戦する背中を皆さんに見せていきたいと思いますので
どうぞ見守っていただけたらと思います(ヽ´ω`)

ここまで長々とお読みいただき
ありがとうございました。

 

私の考え、人間性といったものが
かなり伝わったかと思います。

文字数の都合で、私が今まで取り組んできたことなど
細かいところは書けていないのですが、

私がどうやって今のところまでたどり着いたかということは
詳しくはメルマガ内で解説していますので、
ぜひ登録してみてくださいね(ヽ´ω`)

(セルフバックというやつの解説もしているので、
サクッと3万円ぐらいさっそく稼げると言うメリットもありますw)

 

他にも、私のブログでは
実績とか、私の考えとか色々書いていますので

メルマガ登録した後で、引き続きブログも楽しんでもらえればと思います。

ではまた、メルマガでお会いしましょう(ヽ´ω`)

 

私のメルマガでは

実際に、最近流行りの『ブログで稼ぐ』というので自由な人生を手に入れる方法を

いっちばん初めのステップから具体的に解説していきますので

是非登録してみてください。

(超絶パソコン音痴の初心者でもわかりやすいと評判です(ヽ´ω`))

 

登録すると、今だけ最初のメール

『ブログがお金になる仕組み丸わかりガイドブック』

 +

『ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー』

がもらえます。

ブログで稼ぐ スタートダッシュアルティメットセミナー
ブログで稼ぐっていってもまったくイメージがつかないんだけど…だってただの日記でしょ?

という状態でも

ブログがお金になる仕組みがサクっとわかるものになっていますし

 

ただ読んで「ふ~ん」で終わって、
またいつも通りの日常に戻っていってしまうのではなく

”今日からさっそく何をすればいいか”までわかり、
行動に移せるようになっていますので

ぜひ受け取ってくださいね(ヽ´ω`)

 

メルマガ登録矢印
ブログで自由な人生を手に入れるまで、最初の最初の一歩から進んでいくマガジン






リオンのメルマガがどういうものなのか、登録するまえにもっと詳しく知りたい!

という方はこちら。

メルマガがどういうものかより詳しく知る▶▶

▼▼私のツイッターはこちら。フォローするだけで『ブログで稼ぐ』ための情報が勝手に目に入ってくるようになります。▼▼

@Hyper_Realist25